2011/06/27

英仏弾丸旅行記Ⅱ





一気に総集編。しばらく間があいて、はや旅から一ヶ月ちかく経過したので、ざっくりレポート。パリ二日目は、神楽坂に遊びに来たパリの業界人(服飾関係)から、馬関係のスタイルを見に行くなら、ココと、シャンティイー(※日本語だと、こう表記するようです Chantilly)を紹介されました。




僕は予備知識ほとんどないので、印象でしかありませんが、馬を完璧に制御するところにヨーロッパらしい文化を感じました。基本が戦の際の働きにあるので、普段はたくさん愛情をかけたり、野に放って勝手にまかせていたりと、深い世界ですね。騎手の衣装も、挿し色を使っているものの、ヨーロッパの風景や森に映える抑えたシックな色合いでした。


子馬ちゃんの舞台もなかなか見せ所がありました。



立派な馬関係の博物館・資料館があって、納得や驚きがありました。無駄がない、強く実用の要請の元に作られたデザインが、“道具”としての存在感を放ちます。昨今、この“道具論”を考えさせられる場面が多いです。(※使用例 『お祭り騒ぎのように、技術の上澄みばかりを追いかけて、いる昨今の携帯電話は、道具ではなく、道具のレベルまで達しておらず結局は派手なオモチャだったということが、3月11日に通話できなくなって、強く認識できた』)



クラシックな馬関係のスタイルは実用的で、エレガントな特徴が多くみられます。



ロゴもなんとなく、親近感があります。


なんとも優雅な観覧席。 色数を減らして、自然以外の人口物のコントラストは極力抑えた場所は、人を引立たせます。淡い色のストライプの幕、ヴィスコンティの映画、『ベニスに死す』の砂浜のパラソルを思い出します。当日は、シルク・リネン素材のドラッパーズ生地を使った、ジャケット×ヴェストにホワイトフランネルのトラウザーズとコーレスポンデント・シューズというスタイルでした。気分イイでした。


当日競馬はやっていませんでした。ロンシャンのほうで大きなレースがあっていたようです。馬が疾走する数メートルのところで、優雅に食事できます。パリからタクシーで来たのですが、次回は電車で来ようと思いました。最寄駅まで来て、タクシーのほうがいいようです。弾丸ツアーで、お昼のレースに間に合うように来て、賭けつつ食事する、というのをやってみたいです。




今回、馬車のかっこよさをつくづく再認識しました。英国車(現在インド資本とはいえ)ジャグァーも、もともとはコーチビルダー(馬車メーカー)でボディ製造専用のメーカー、この馬車のアウトラインを見ているとジャグアE-タイプにも見えてきます。当時の貴族たちが競い合った美意識は、服飾のみならず馬車のデザインにもあらわれていたはずですね。 インスピレーションをもらいました。



非常にプライヴェートな感じで、若干秘密めいて、美しい乗馬パフォーマンスがありました。クラシックな衣装に見惚れました。ラグジュアリーながらも、動きやすく考えられたデザイン、多くの工夫があります。実用とエレガンスを兼ね備えたココシャネルの美意識も、このようなイメージソースからきているのかもしれません。


これはパリ初日の夜食事をしたRestaurant LASSERRE の近く、フランクリン・ルーズベルト通り界隈です。最初は宿泊先のクリヨン内で食事しようかとしていましたが、結局、パリっぽくて、クラシックで最高のレストランはラセールということで予約してくれました。後々わかったのはホテル内のレストランは、(じゃっかん元気すぎる東洋からの)観光客で満席だったようでした。『静かで気持ちの良い場所を』と最初からリクエストしているので、気を利かせてくれていたようです。

さすがに、写真撮ることは遠慮しました。早めの時間から食事して落ち着いた年配の客層(ご夫婦も多く)、生のピアノ、日が沈んで一時間の美しいマジックアワーで開いた天蓋から見えた空の青色が印象的でした。『あなたが考えるこのお料理に合う最高のワインを!』とリクエストした瞬間、ラセールのホスピタリティがトップ・ギアに入ったらしくスワロウテールコートを着用した4人の正装したギャルソンがどっとこちらにおし掛けて来て鳥肌が立ちました。

なぜ鳥肌が立ったかというと、きちんと正(礼)装したスタッフの存在自体が日本ではなかなかお目にかかれないもんですが、それが4人いっぺんにこちらに来る状況ってところで感動してしまいました。マカロニにフォアグラが詰められていて、トリュフのソースがかかった一皿口当たりもさわやかで、とことん自然な奥行きがあり、後味も鮮やかで、いままで僕が日本で体験したフレンチの印象を大変革するものでした。最高のフレンチをご馳走してくれたM夫妻に感謝いたします。


クリヨンの浴室、↓このブランドの香水は横浜のバーニーズで、一度買ったことがあります。女性っぽいながら、深みのある素敵な香り。



ロンドン、コンノートの入浴タイムは、2時30分からだったので、ヨーロッパ映画に見惚れていました。


パリの街角は、カフェがたくさんあって、さすがに多民族の魅力があちこちに感じられました。街を歩いているムッシューのたたずまいに大いに興味がありましたので、退屈することがありませんでした。散歩するムッシュ、古道具屋のムッシュ、カフェにいるムッシュ、いずれもご自身のスタイルを楽しんでいて、うならせられるような洒落者もつわものも何人か見かけました。




二日目、シャンティイーの帰り Hotel Monceau のレストランで食事しました。こちらのホテルは、モダンに振り切った最先端系で、O氏のおすすめでした。パリのクリエイティヴ業界人が好きな世界観で、東京に通じるものがありました。スイートルームまでツアーしてもらい、刺激的なデザインを観ました。


記憶がかなりあいまいになっていますが、超特急ながら、とてもいい旅でした。時間が無いなりに、濃い時間を過ごしました。さて、お土産にスコットにパリの子供服Bonpointでボーダーのニットとパンツを購入してさっそくの親バカを期待通りに実行しました。今回、パリの街をさっ~とアンテナ立てて歩きながら、めぼしいエリアをチェックしたので、次回はじっくりまわろうと思います。

Mご夫妻からは、スコットにとCharvetでシャツ、パピヨン(シャルベのボウタイ)、そしてBonpointで赤のパンツを贈られました。帰国後、すぐ着せて(親が)大盛り上がりしすぎて、この後、 いろいろ面白がってコーディネートしすぎて、しまいには泣き出したスコでした(笑)昨今、東京にて子供服見ていて確かにシンプルなものはなかなかないんだ、ということを実感しました。あちこちからのお下がりを来ているスコもいろんなおしゃれを楽しんでおります。









No comments: