2008/11/30

今まで見た東京の夜景の中で一番きれいでした。

video

いよいよ寒くなってまいりました。金曜日は美しく仕上がったアイテム群の納品ラッシュでした。3点郵送、3点は直接お届け。初回お仕立てでチェックが必要な場合か、大きく仕様やモデルを変えた(工場を変えた)場合に、直接お届けしてフィッティングを確認いたします。

直接のお届けは、有楽町線の辰巳駅下車。そこからの高層マンション群の夜景には圧倒されました。リドリー・スコット監督『ブレード・ランナー』のワンシーンのような。東海道線の倉敷あたり臨海工場地帯のような精密な光の夜景。

画像は、東雲の41階から。ブラック&ホワイトの『千鳥格子』(ピエ・ド・プル:Hound's tooth check:Pied-de-poule)の上下と、太めのストライプの上下、ハイトーンのグレイフランネルのパンツ。千鳥格子と『グレン・チェック』(グレナカート・チェック:Glenurquhart)は、僕は油断すると言い間違えます。グレンチェックはタータンチェックの一種で、柄的に帯が交差している方ですね。


お持ちのジャケットはそうとうお値打ちモノでした。500グラムはありそうなどっしりしたハリス・ツイード。タグも昔のものはちがいますね。こういうものは、お直ししてしっかり100年くらい愛用していただきたいです。タグのデザインは、正直、どうも昔のもののほうが、グッとくるものが多いです。

2008/11/28

今年の差し色、


これはメルマガのネタにと考えていてなかなかメルマガ書く時間なくのびのびになっているので、ここに書きます。秋冬がはじまるころから、世の中の流れと同様、パープルをオススメしていました。定番的にネクタイの差し色として冴えのある色として紫便利ですよ~と推してました。

それで秋冬が始まったころから顧客の方から『街にけっこうパープルの人多いですね~』といわれてました。別に同じでもいいじゃないですか、とばかりも言っておれないので、一歩先的ご提案として応えていたのがマカロン・カラーでした。

キャンペーンみたいなもので、呼び方、名前がいろいろ時代によって変わってきます。ビタミン・カラー(あえて言うとビタミンC色、アンバー的なE色もいいですね)ソラーロ風、パステルカラー、ただしマットでなく、人工的ケミカルでもない発色を持つもので。ローズ・ゴールドもそうとうブームですね。

できるだけ抜けの良いものを。光沢はあり、楽しい、、、写真はちょっと前の女性誌『オッジ』からです。絵画でいうとマニエリスム、ヨーロッパのクラシック・テイスト、、、フェルメールの絵画の世界ですね。薄いブルーの霞(かすみ)が表面を覆うゴールド、とか時代の雰囲気にもぴったりですね。そのあたりがキーワードかなと感じます。

2008/11/27

自然の色は宇宙の色、


稲穂が風に揺れる黄金色を見るとつくづく感じますが、やはり自然は神々しいですね。自然のグラデーションは、とうてい人工的には作れません。見れば見るほど幽玄で、(しゃれじゃないですが)無限にインスピレーションがわきます。

ハリス・ツイードの生地を見ていると、銀河を感じます。コーディネートでは、淡いグラデーションがイイ、と確か雑誌『プレシャス』(小学館)の最新号メンズ版にありましたが、ツイードの場合も淡いテイストの組み合わせができると思います。

そういえば、忙しさにかまけて、ウェブ世界でちょっと間あきました。この秋冬(もうすっかり寒い冬、今日とか特に)はタフなイングリッシュ・フラノ素材のトラウザーズをしっかりアイテムとして活躍させたいです。フラノはスポーツな素材として、という点ですね。

デニムの着こなしも、鹿児島でホワイトデニム3本購入し、シルエットを妥協なくお直しして納得シルエットをつくりました。11月は、アイディアをたくさん仕込み、熟成させ、仕掛けをじっくり作りだしたので静かな興奮を感じております。

2008/11/15

冬将軍の予感、


10月あたりから、前進、展開、発展、と目まぐるしく、出会いや気づきや学びにひたすら感謝することばかり。ありがとう、の言葉をしっかり口に出して言いながら。そして全身で認識しながらの日々。

冬に向けて、ツイードのジャケット(だんだん、ハリス・ツイードが入手困難になっていくようです)、ノーフォークジャケット、コートも人気爆発中です。

そして、さらに納得できる靴工場に出会いました。こちらも、ベイシックな靴を値ごろ感ある価格で展開予定。昨日、まずは、自身で3足発注してきました。

1. カーフのストレートチップ(黒) 
2. ウェードのブーツ(タバコ色) 
3. コンビの靴。スペクテイターシューズ(薄茶の型押しと白)

楽しみです。12月中旬ごろから展開予定。


アンチ・エイジングよりビューティフル・エイジング。本質的に考えれば、年をとることほど素晴らしい、一層楽しみなことはないですね。

2008/11/09

本日、代々木公園のどこかで、


フリマに参加しいます。今回で東京2回目すけっとに行きます。義理の姉はタンザニア・アフリカ人の旦那様がいて、アフリカのものや、日本のリサイクル品などを展示しています。僕も、以前ネクタイやシャツやニットやもろもろ、DJセット一式、テクニクスのターンテーブルからレコードやCDまでアフリカに送りました。ロッカーズのような着こなししてくれているのかな?とか現地の男子のちょっとしたおしゃれアイテムになってたら、と考えるとうれしいです。

2008/11/07

Super yes, we can !!

昨夜はひさびさタケシ氏と2人で『乾杯同盟』の会を催し、ルーシー・ダットンのF氏のお誕生日も兼ねて、盛り上がりましました。参加者10名、テラス 席でぴったり収まりました。その場も、日本橋1-1-1『ニホンバシイチノイチノイチ』というテラスレストラン。日本橋がど真ん前に見えます。料理は良心 的な価格で江戸前系。

今の日本橋の佇まいは、まさに今の日本を象徴しています。かつての日本の中心である『日本橋』、古き良き歴史的建造物の上に、おっかぶさるような高速道路。道路の背面にある蛍光灯に照らされて、日本橋はジャンクで妖しい輝きを放っています。


“そのあまりに人間的な、ニッポン的な、やむにやまれぬアジアンな開発っぷりに” 乾杯!!(われわれは、 『反対!』 と言わずに、愛と許しの統合メソッドで 『乾杯!』 と言います)そしてもちろん、Yes, we can !! 

最高の乾杯、そして美酒への掛け声になりました。

遠く、アメリカでは実は日本に伝わっているテンションからは想像できないほどの熱狂に包まれている、、、人々はクラクションを鳴らし、車の窓を開けて、ラジオを大音響で鳴らし、道では感動のあまり泣き出している人々、、、そんなものすごい盛り上がりなんだよ、と今朝ロジャーとスカイプで話してました。日本マスコミの情報はバイアス相当かかります。

近隣の“北”の国と同じレベルかもしれない、と一度は考えてみても良いのかもしれません。むしろ自分たちは情報に対して自由だ、と思っている分だけ重症か もしれません。仲間どうしで、質の高いリアルな情報、そしてゆったり寛ぎながらも、哲学的知恵を気軽にシェアするような時間があるといいですね。

今は、実は情報ソース、オピニオンを再検討する良い時期です。

“サブプライム問題”、この問題をなんとなくでも、少しでも予想できていたかどうか、その今までの論調やコメントを思い出し、経済評論家について、“われわれ側が”評価できます。

そして、“小室問題” 、マスコミが、どれだけどんなことを言うか、各コメンテーターの人間としての『手のひら返し度数』がはっきりくっきりよくわかる。何を言うかよく見ていればいいですね。

ちょっと古くなるけど、“ホリエモン問題”の時と同じように、手のひらの返しっぷりを見ていて、今後その媒体や番組やコメンテーターの意見を聴く気になるか、ならないかの良き判断材料になります。

とにかく、もろもろおめでとうございます!
希望に満ちた時代に、そして乾杯同盟のプリンシプルである、
『人類の進化』に乾杯!Super yes, we can !!


※メルマガ遅配のお知らせ ~ すいません、ずいぶんとメルマガ発信遅れております。pc環境の不備、多忙のため発信できませんでしたが、ここ2、3日中に通常通りに戻ります。懲りずにお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

2008/11/04

pcに触れない生活、

週末、何かが臨界点に達したのか、突然ネットにつながらなくなって数日経ちました。休日、ぜんぜんpcに触れない生活をしてみていろいろ気づき、この機会価値がありました。しかしそろそろ開通させねば不便ですね、さすがに。

日曜日、夜は底抜けに楽しい上野桜木町でのパーティーでしたが、夕方、20代前半の方の来客ありました。ひじょうに充実した一日でした。近所のテニスコートが経営する喫茶店でご注文のためのヒアリングをしました。しかし、そこでの会話はほどんど、将来どんな生き方がしたいか、という話題に向かいました。

最近思うに、20代はちょっと特殊な気がします。40代はなんとなく、まじめな話を避ける傾向あり、まじめさをダサいと感じるシラケ文化の影響を受けつつ、バブル崩壊体験でニヒリスティックになっているのでしょうか。30代はビジネスとクリエイティブをレバレッジして~というような結構パワフルなニュアンス。

それにくらべて20代は、普通にナチュラルにスピリチュアルな感性をもっている人が多い気がします。一見、ニヒリスティックに見えて非常にポジティブでピュアな方々が多い。上のホリエモン世代とちがって、結構現実で堅実な金銭感覚。一概にくくれませんが。

、、、、、パークハイアットのピークラウンジで『おまかせ』注文で一番美味しい飲み物が出てきて以来、可能な限りすべてお任せで注文するようにしています。そして、その場合、いつも最高のものが出てくるので、結果的に作ってくれた人に心から『ありがとう』を言うことができて、ますます最高ですよね、、、、

おそるべき20代、かないません。英国スタイルのスーツを2着、シャツ1着、すべてお任せで。結果、彼は最高のものを最高の値ごろ感で手に入れることになるわけです。彼の勝ちパターンで、今回も大勝利を引き起すしかないわけです。僕が20代のころってどんだけ~、、、、トホホ