2007/12/22

Miracle ,Memorial and Essential present from TAKESHI the “Enfant terrible”



朝の日差しの中で、朝ごはん食べながらウットリしながら読みました



20日、パーティのトリプル・ブッキングから始まって、最初の待ち合わせに連絡行き違いがあってアポがなくなったので、タケシと一緒にロジャーが誘ってくれたパーティへ。こういうちょっとした予定外も運命の必然の力だったりして、それを常に面白がるとやっぱりイイことがあるもんですね!!

向かった先は、AINEXX のパーティ@恵比寿ウェステイン。フードもドリンクもしっかり美味しく、代表の方もスタイル抜群の美しい紳士で、気さくに話しかけてくださいました。専務の方も参加者を楽しませることに心から喜びを感じている御様子、素敵な紳士でした。

仲間うちのゆったりした忘年会というノリだったので、新しい方々と知り合いになるパワーは使わずにタケシと出会ってちょうど1年の記念日(彼と出会ったのは、2006年12月20日、カナダ大使館シティクラブで柿野くん主宰のクリスマスパーティ)ってことで、1年の総決算の話で盛り上がっていました。

新しい、方向性を話し、また素晴らしい一年にしようと、ワクワクの気持ちをあらたに決意していました。ビジネスでもプライベートでもココぞ!のタイミングでドデカイ魔法を引き起こす男、祭武(まつりたけし)。本当の意味での彼のモンスター能力に気づくには素直な直観力が必要ですね。この1年タケシと冒険をともにして、危険も、バカ騒ぎも、幸運も出会いも沢山味わいました。ブレスト相性世界一、これは一生揺らがないでしょう。

ビンゴゲームがスタート。どんどんナンバーが呼び出される、着実に番号がそろっていき、最後の自分のリーチ番号をタケシが飛び跳ねながら叫ぶ38、38、38、38、、、、、映画のワンシーンを見ているように、38、38、38、38、38、、、、、と電光ボードの光が近づいていく

ピタッ38番。

ピシッと揃った瞬間、一瞬時間が止まったような、スローモーションのような時間の流れ方をしました。ラルフローレンの限定写真集。一瞬ぼくと目と目が合って、ニヤッと『よかよ、あげるよコレ』



当日の僕のマフラーと同じ柄のリボン



2008年僕は、紳士文化を究めるために設定している第1ステージをクリアすることに魂から突っ込む方向性。2010年合流するはず。人間、真剣に魂賭けとると、それを必要としとる人間には必要なものがやってくるとよな、と彼は言う。いいこと言うばいな~!



ありがとう、タケシ・ザ・サンタクロース!!☆☆☆

1 comment:

Leila said...

Keep up the good work.