2014/07/27

真夏の神楽坂の交差点にて、蒸留された海風を想う

 
video
 
 
昨年の11月スコットランド、アイラ島早朝散歩にて撮影したもの。ボウモア蒸留所界隈の海岸にて。ここを訪れて以来、アイラ・ウィスキーを愉しむ機会が増え、その影響なのか、この夏の一杯も、ビールよりもすっかりハイボールになってしまいました。以前、夏のカクテル・パーティーとお知らせしていたものの、のびのびになっており、体感的な夏の終わりに、開催しようかと考えております。
 
 


ウエディングだったので、アイラ島滞在(1泊2日)中はすべてタキシードで通しました。早朝の海岸散歩もアイラの山歩き、沢歩きもすべてブラック・タイ着用。さすがに足元はカントリーシューズ。

さて、日本では一年でもっとも暑いといわれる『大暑』であったここ数日でしたが、A.C.M.G(Anti Coolbiz Modern Gentleman Style)的には、冷気を含んだスーツスタイルは(10分間)はカンカン照りの外でも快適である、と確信します。




 今日、自分用に製作したスーツを着用しました。正午前後の外出でしたが、2014年版の涼しさという一点での機能で世界一だ、と認識している日本製の生地のジャケット+トラウザーズを着用していましたが、やはり冷気キープと軽さの点で汗もかきませんでした。

十数年にわたる夏場の訓練の成果とはいえ、ハットとこのスーツの組み合わせで愉快なくらいに快適でした。半袖で、地肌を直射日光と外気にさらしている殿方はぜひ一度、だまされたと思って試していただきたいものです。
 


No comments: