2009/09/29

神楽坂にはコーレスポンデント・シューズが良く似合う、


【コーレスポンデント・シューズ】 (Co-respondent shoes), コンビネーション・シューズ、スペクテイター・シューズ、コンバインド・オックスフォード、カントリー・クラブ・シューズ、コンボス・シューズ、ツートン・シューズ、、、、2色コンビのオックスフォードを示す英国式呼称。原型は1840年代のクリケット用中深靴。その後1880年代には、スポーツクラブ、およびリゾート用としてはかれだし、1920年代の大流行した靴(※男の服飾辞典より)

こちらも、エドワードと年間契約をいただいているのお客様に、クラシックで上品なリゾート用として、いかなる国際的なリゾートの舞台でも通用する優雅な佇まいとして。ちょっとスパイスを効かせて“コガシのタンレザー”でお誂えしました。内側には、ご本人の特注イニシャルが刺繍されています。淡い色調のハウンド・トゥース柄のエドワードのトラウザーズ。秋冬のスペシャルなエドワードのオリジナルのコート、そしてカシミア・ニットも製作中。


近所の美容室サロンにて最近髪を切ってくれているクリストフさんとマイクさん、時々遊びによってくれます。日・英・仏、刺激になります。クリストフさんは本拠地は京都で、月に何日か神楽坂サロンに来ている模様。僕が誕生日の前日に切って、ナイスタイミングで、コルドンブルーの先生が開いたレストランのパーティーに誘ってくれました。

数年前、道端に、なにかきれいな卒業証書が落ちていたことがあって、拾ったて開けたらそれがコルドンブルーの卒業証書だったことがありました。さぞ、こんな素敵な証書をなくして悲しんでいるだろうな、と思って、住所をしらべて代官山まで届けたことがありました。不思議な邂逅ですね。


Chez olivierというお店。市ヶ谷にあります。しかしフランス人が自由自在に(あたりまえなんだけど)フランス語話しているのを見ていると、非常にうらやましくなります。少々、酔っぱらっていたのと勢いで、マダム&マデェマゼルの数人の前で、『ぼくは、電車の通勤往復一時間だけの勉強で一年後にはフランス語マスターできますよ』と自信満々宣言してしまったので、9月22日当日に買ったフランス語の教科書をそれ以降、毎日受験生のように勉強開始しております。

言ったからには、真面目に取り組まんといかんと思い、当日買ったテキストが、ちょうど200ページだったので、4分割にして、5冊に製本して毎日1冊は読み切る、口ぱくする、という方法でゴールをめざしております(笑)なので、電車の中では、あまり声かけないでくださいね。結構集中していますので(笑)

2009/09/19

御仕立て \81,000 から \20,000,000まで。

今年の発注生地傾向を参考までに、載せます。これは、以前の記事で書きましたが、これが、ダイドー・リミテッドの『コンフォート(皺になりにくい生地)』 これらは、当エドワードでは、Aレ ンジ価格帯としてCVP(上ジャケット・中ヴェスト・下トラウザーズ)\81,000、スーツ上下(べストなし)\68000でお仕立てです。これは、出来上がりには直接関係ないですが、生地ミミも美しいです。

『エドワード』のお客様は、ほとんど、僕がその方向けに考えてセレクトしてご提案した生地でお仕立てされます。すべてをお任せ、スタイル決定、生地、値段までオマカセ(しかし私が考える常識の範囲で決めます)、という方も結構おられます。天然のめんどくさがり屋だが、洋服が、スーツが、というより、本質的な美意識を大事にしているお客様が多いようです。

これも国産、ニッケの『カシミア・タスマニア・スーパー120's ウール94%、カシミア6%』他、ニッケのピン・ストライプの一部の生地。先月、関係者に訊いたところ、正直英国T&L以上のクオリティのものも あると感じる、とのこと。これもAレンジ価格帯としてCVP(上ジャケット・中ヴェスト・下トラウザーズ)\81,000、スーツ上下(べストなし) \68000。

↑この底艶は禁じ手、という感じの風合い、Ermenegildo Zegna 15 Milmil 15です。スーパー表示だと180'sという、一見フツーに見えて、かなりラグジュアリーでエクストリームな生地です。スマートにフィットして上品で美しいシルエット以外、なにも特徴のない(やらかしていない・手がかりのない)ものに仕上げることが一番セクシーである、と感じます。

↑このY氏からは、スケールの大きなオーシャンビューを眼下に、ラフロイグ(のソーダ割り)をごちそうしていただきつつ、『ハンティング』の話を聴かせていただきました。

友人が南フランスにカントリー・ハウスを購入された。そこで、数十平方㌔におよぶ屋敷、敷地内には湖がある。まず、そこの湖の自然にしっかりと愛情を注ぎ、手を掛け、育て、魚達が育つようになるまでに育んで行く。そうすると、方々から水鳥たちがやってくる。そうすると水鳥たちを求めて、動物たちが湖のまわりに集まってくる、敷地には野禽類が増えてくる。生態系チェーンの一番最初のアクションが敷地内全体の豊かな生態系を完成させる。

さて、ハンティングの季節、ネズミが住みこんでしまったようなボロボロのレンジローバーで、仲間達が集まってハンティングに出かける。早朝まだ夜といっても良い時間。目的地まで到着すると、皆はそれぞれのスポットにばらばらに分かれる。みなひとりひとり、足音を殺して、手頃な木の上に陣取る。ひたすら沈黙、息を静かに殺し、時を待つ。

しんとした森が、少しずつ白ばんでくる。夜明けだ。2時間ほど静かに時を待つ。ほとんどその時、みな自然と自分との完全な調和、限りなく穏やかな瞑想状態を味わっている、という。自身が手を入れ、生態系を育み、豊かな自然を作り出した。そして、自分が今その豊かな自然の中にいる。究極の瞑想といわずして、何というだろうか。

やがて、壮大なストーリーのグランド・フィナーレがやってくる。運命、いや宿命の動物が現われる、、、、生態系の最期の一撃で、動物は“獲物”となった。古代からの人間、とりわけ男の本能的、DNA的充実感を全身に満たして、屋敷に引き揚げる。さて、もはやジビエ料理を愉しみつつ、祝杯を上げ、みなの成果ねぎらいつつ、命をいただく。。。

野趣溢れつつ、ストイックばかりではない、人生を楽しむ姿勢、佇まいを持ったジャケットとベスト(ベストは国際線の飛行機の中でエアコン対策として、たいへん重宝、とのことです)、そして氏の大好きな夜の静かな海を思わせる、ロロ・ピアーナのミッドナイト・ブルーのスーツと。



このヴィンテージっぽいチェックは特別感あります。淡い色、ロロ・ピアーナ、フランネル、クラシックなテイスト。柔らかく、美しく、スマートなシルエットで。


一見フツーに見える生地も同じテイストで見くらべてみると、違いはわかります。年間契約をしているF氏。氏は(グローバル・コンサルティングファーム役員)ビジネス上、戦略的自己ブランディングが必要となる仕事柄、頭の先からつま先まで、すべてお任せで、年間のワードローブ・コンストラクションを行っております。ビジネス、プライベート、旅、パーティーすべてのシーンをお任せいただき、氏自身の個性を尊重しつつ、『トラッド&セクシー』なワードローブ一式には、予想以上の評判と御満足をいただきました。ありがとうございます。


さ~て、8桁の数字ですね、、、、。残念ながら、スーツではありません。先週、すっかりお友達の近所、神楽坂の呉服屋田丸屋の若女将と日曜日行った着物の催事です。結城紬ですね。りっぱなクオリティ、りっぱな、堂々たる価格、すばらしい、ぜひこれを世界の粋人の元に売りに行きたいもんです。

繭から真綿、そして紡いで、、、と延々やっていくわけですね。さわっていて、気持ち良くてちょっととりこになりました。しかし、今ここにハマるとヤバい。ヤバすぎる。しかしイイものをいろいろとことん観ておくのは大事。茨城県結城市、鬼怒川温泉ツアーをぜひ計画したいですね。作っているところをぜひ見たいものです。



おばあちゃんが唾をつけてながら紡ぐらしいですね、と訊くと、いややぱりお茶沢山飲みながらね、やるんですよ~、、、、おおおお。本物のオーガニックですね。スーツも唾の接着芯とかあると凄いですね、ちょっと弾力と粘りがあってストレッチ効くんですよ、とか、、、ないないない。もっと真面目に見学しましょう!


若女将、購入。これ縁起良いし、色もちょっとボルドーっぽくてエレガントでいいですよ、とプッシュしました(笑)さて、季節遅れながら、神楽坂の阿波踊り記事も懲りずに上げたいです。若女将が運動部のマネージャー女子のように、こちらがトランス状態で踊っている中、ずっとフォローしてくださり、ジュース差しいれだとかなんとか、ホントに心強くありがたく感じました。すばらしい夏の思いで体験させていただき感動ました。

古今東西、スーツから着物から、魅力あるものは、人を惹きつけて離しませんね。

2009/09/11

肌にキモチよい、楽しいタオル



涼しい風がさらさら流れる季節となりました。秋冬モノもベイシックライン、ハイエンドラインともに順調です。時々、ぐっと寒い日もあったりしますので、それでみなさま秋冬の寒い季節をイメージして、そろそろ用意しなきゃ、と思い出されるのでしょう。

近々の季節、涼風が通り抜けてとても気持良いEサロンですが、4、5月ごろサロンの店内什器をいろいろ揃えたりしてるときに、風水鑑定士の方で、HSBCの香港本店の建設プロジェクトで鑑定した実績あるAさんに、サロン内をきちんと鑑定していただいたのですが、その時のアドヴァイスをまだ一部実行していませんでした。

トイレをもっと華やかに!とのアドヴァイス。このたび、ちょっと前進しました。ちょっと話題になっている“七福タオル”さんの商品です。売り切れ続出で手に入らないというレアなアイテムらしいですが、たまたまの出会いでいくつか入手しました。こういうちょこちょこっとした珍しいモノたちを日常的ギフトアイテムにすると素敵ですね。

ブラッド・ピットがこのグレーのバージョンを愛用しているとのこと、手触り吸水性抜群です。メイドインジャパンのすばらしさを認識します。

2009/09/07

ほぼ出揃った生地をチェックしながら、



神楽坂界隈、それにしても飽きません。今日はほとんどお店に篭りっきりで仕事していましたが、ちょっとランチに外に出るだけで充分な気分転換です。インプット作業は、近所の白金公園のベンチにて、アウトプットはお店にて。そろそろ涼しくなってきたので、蚊や苦手な蜂の来襲もありません。

それにしても、ほったらかしのホームページをなんとかしないといけないということで、2010年元旦を完成目標にやっとテキストを書き始めました。この機に、せっかくなので、エドワードの目指しているゴールと、少々大袈裟ながらミッション・ステイトメントを明確にしようと思います。

今日は、生地を全部チェックしつつ、お客様用にあれこれ夢想しつつ集中していると、あっという間に一瞬で2、3時間経ってしまいました。老舗生地“ハリソンズ・オブ・エジンバラ”も全シリーズそろっています。新作『CONQUEST CVP(上ジャケット・中ヴェスト・下トラウザーズ)¥102,000』から『MULTI-MILLIONAIRE CVP ¥550,000』まで。

ドーメルも、この2009秋冬はほぼ揃えました。すべてのラインナップで、ロマンティックな生地、風合い、色使いです。そして、ゼニアは『HERITAGE CVP(上ジャケット・中ヴェスト・下トラウザーズ)\137,000』がコスト・パフォーマンス的におススメですね。

その他、おもしろいところでは、ロバート・ノーブル(ジャケットで\56000)、お買い求め安いところではグアベロ、ルイジ・ボット、タリアデルフィノ、フィンテス、スーパー180'sまで揃えたチャールズ・クレイトン、チェルッティ、カノニコ、、、。

そして、今季は、国産生地もかなり高いクオリティで登場しております。ダイドー・リミテッドの定番高級ライン『ミリオンテックスシリーズ』、そして、『コンフォート(皺になりにくい生地)』これらは、当エドワードでは、Aレンジ価格帯としてCVP(上ジャケット・中ヴェスト・下トラウザーズ)\81,000、スーツ上下(べストなし)\68000でお仕立ていたします。

もうひとつ国産で、クオリティに感心した生地が、ニッケの『カシミア・タスマニア・スーパー120's ウール94%、カシミア6%』他、ニッケのピン・ストライプの一部の生地。先月、関係者に訊いたところ、正直英国T&L以上のクオリティのものもあると感じる、とのこと。これもAレンジ価格帯としてCVP(上ジャケット・中ヴェスト・下トラウザーズ)\81,000、スーツ上下(べストなし)\68000。

いずれも、触ったら欲しくなる生地でした。今年はある意味、日本元年。頑張って欲しい日本の生地づくり・モノ作り、というところで、国産品に限って、ご購入の際時にエドワード・5000円割引券をお渡しすることにします。なので、上の金額マイナス5000円×1.05(tax)という計算になります。僕も今年は一着は国産のものを選んで作ります。(※写真はドーメルですが。単純に、色のコントラストが綺麗だったので撮りました)

EDWARD、2009秋冬のキーワードとしては、『TRAD & SEXY』。英国(正統派タイド・アップしたビジネススタイルながらしなやかさ・スマートさを感じさせる)、少しフレンチ・シック(少々ハイファッション、美しいカシミア、美しいブーツ)、カントリー・ハウス(端正ながら、自然の素直に美しい風合い)という総合的ニュアンスでおススメいたします。

2009/09/01

日本にも新しい季節がやってくるといいですね、


さて、気が早いですが、今年も定番柄から美しい柄まで、ハリス・ツイードの生地が揃っています。ベイシックなハウンド・トゥース柄で僕は仕立てる予定です。スーツ生地のハリソンズ・オブ・エジンバラ、そしてジャケット生地のハリス・ツイード、最上級カシミア・ニットのホイック、、、何かと英国連邦のとりわけスコットランドにはご縁、ルーツを感じます。

2010年2月、スコットランド行きの計画を立てています。ツイード河、チェビオット河を見て来て、地元名店パブでビールを飲みながら鱒を食べてと、ツイード生地のような、なんとも言えない深いコクのある豊富なカルシウム土壌を味わってきたいと考えています。美しい風景、もし可能ならば、パブリック・フットパスをウォーキング、そしてエジンバラの街並みを味わってみたいです。

さて、昨日はちょっと肌寒い、涼しいくらいの日でした。到来予定の台風も進路を変え、今日はこれまた最高に気持ちの日でした。あんまり気持良いもので、神楽坂を登りながら歌う“Overjoyed”ですが、スティービーが激・きめ細かく・しなやかに歌い上げる(本人的には32ビート認識してる的解像度の)歌唱ではなく、外国語をかなりゴマカシながら歌う(※1)インチキ鼻歌です。単なる天才ではなく、彼が歌うからこそ一層、メロディと歌詞に“希望”のエネルギーが溢れるんでしょうね。












(※1)番外編
ここまでやると、インチキも芸。アジア圏の言葉、ロシア語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、、、、