2009/03/21

Sand beige(サンド・ベージュ)の装い、


キーワードを1つ2つ、後は全て、細かいところまでぜんぶお任せ、よろしく、というお客様が増えました。前寸のデータがある場合は、手ぶらで出かけて、生地バンチも持っていないことがあります。

接客だったか、気持ち良いお茶の時間だったか、あいまいな時もありますが、しかし、ふとこれは理想に近い状態ではないか、と思っています。

お客様でも、細かいマニアックな話が好きな趣味・嗜好性の強い方と、めんどくさがりだけど直観的でエレガントな方がおられます。

こちらにとっては、“オマカセ”は、やりがいあることです。でも、その一方でエネルギーは一番使います。全部お任せと言われると、だいたいの予算をあたまに置きつつ、納得いくまで徹底的にその人の魅力を追究します。

予算もお任せで、と涼しくおっしゃられるお客さまもいます。一瞬恐怖を覚えますが、バランス感覚を信じて、様々なシーンを描きながら、全力で挑みます。結果的には御値打もののお買いものになるべく頑張っております。

今回Fさんは、タイ、フィリピン、カンボジアと、政府系視察のミッションを持ちアジア各国を訪れます。日差しが強い、湿度も高い、野外も屋内も、時にビジネス、時にはアフターのパーティ、、、

旅先ゆえに皺になりにくくて、ハンガーにつるしておけばシワの回復が早いもの、街で浮き上がらない色と質感なのだけど、充分にエレガントで上品な佇まい、、、

その環境をかんがみて、彼女が選ばれたのは ANDREWS&MAY ,4ply Travel Suit ,wool100% SUPER120's(295gms)のサンド・ベージュでした。

ジャングルの中を、ベージュやカーキのサファリジャケットを着て、白いジャングル探検用のヘルメットをかぶる、というような50'sのマリリン・モンローの雰囲気を僕は勝手にイメージしながら、パッチ&フラップ&ステッチの細かい仕様など決めました。

SUPER120'の生地の質感のおかげで、本来、ザラザラ・ゴワゴワしがちな多孔性(空気の通り道が沢山ある)生地にももかかわらず、生地が下に向かってストーンと落ちる、『落ち感』が抜群で、ドレッシー&セクシーな佇まいです。正直、個人的にも作りたくなりました。

No comments: